まったりEXTRAとは…

ここは、EXTRA、いわゆる「おまけ」のコーナーです。管理人が英語の勉強や このサイトを運営を通じて感じたことや気づいたことなどを書いています。 これらは、単なる日記のようなものでなく、広い意味で英語の総合力を身につける上でも 役立つ内容のものを提供できるよう心がけています。


エッセイ編

タイトル:「Thank you very muchとThank you so muchはどこが違うの?」

 随分前に、こんな質問をされたことがある。
「Thank you very muchとThank you so muchはどこが違うの?」 なるほど、日本語に訳せば「どうもありがとう」と両方とも同じ意味に なりそうだ。 しかし、very と so 明らかに違っている。 言葉というものは、それぞれ意味があるから、全く同じということは ないだろう。 もし、同じならば、わざわざ2つの言葉が存在する必要はない。 とするなら、必ず違いがあるはずだ、と私は考えるのだ。

 これから述べるのは、全く私個人の見解であり、 本当は違うのかもしれないが、思うところを述べたいと思う。

 さて、Thank you very muchとThank you so muchの違いだが、 ある本の中に、こう書いてあったのを覚えている。 Soはとても女性的なので「女性しか用いない」と。 なるほどね、と当時は思ったが、きっとこれは誤りだろう。 なぜなら、私は、この耳で男性が使ったのを聞いたからだ。

 その後、ひとつの手がかりに突き当たる。 それは、こんなことをある先生が発言したのだ。 「so は女性が使うことが多いが、そもそもは感情的な表現なのだ」と。 そうである。  この「感情的」が手がかりとなったのだ。 英語で言えば、emotional なんかこう心から何かが、 湧き上がるような感覚なのだろう。

 私は、この説明を意識し、アメリカへと向かった。 別に、この謎を解くためにではないが。

暫く、アメリカで生活した後、日本へ帰国する日となった。 そして、大学の先生たちがわざわざ空港まで見送りに来てくれた。 共に来ていた日本人の中には、別れを惜しみ涙を流す者もいた。 思えば、確かになんとなく寂しい趣に包まれた空間だった。

 私は、ふとあることを思い出した。 それは、もし何かお礼をしなくてはいけないときは、 日本の物が喜ばれるのはないかと思い、小さな小さなこけしを 何個か日本から持ってきていたことだ。 そして、1つそれが余っていた。 そこで、私は、最もお世話になった先生(男性)にそれをお礼に渡そうと決めた。 「ドクター、これほんの気持ちです」
 すると彼は、顔を少し赤らめて、ちょっぴり目を潤ませてこういった。
「Thank you so much、so much」
まさにその時、私は思った。So は感情を強調する言葉なんだと。

だから私は考える。
Thank you very muchとThank you so muchはどこが違うのかと言えば、 Thank you very muchよりThank you so muchのほうがより感激して 感謝の気持ちを示しているのではないだろうか。

つまり、very も so も強調する単語であるが、 soの方が感情がこもった強調で、思わず出てしまう単語なのだろう。





もうひとつのまったりEXTRA

当サイトではもうひとつおまけコーナーを設けています。それは月(month) にちなんだ英語にまつわる雑学をお届けするコーナーです。これは、 今月分のまったり英会話にあります。毎月更新されますのでお楽しみください。

トップページへ戻る